最近人気のタブレットPCは使えるのか?

最近、タブレットとPCのハイブリットとも呼ばれるタブレットPCが流行っている。しかしこれは使い物になるのか?ノートPCでもネットブックでもなくタブレットPCとは?

タブレットPCって何?

平板上の概観をもちタッチパネル式入力を兼ね備えた携帯可能なPCが広義の意味ではタブレットPCと呼ばれる。タッチパネルさえ装備していれば大体あてはまってしまうという結構曖昧なものである。分類としては純枠型タブレットとしてキーボードなどを備え付けず、ペンタブやタッチ入力のみのもの、可変型タブレットとしてキーボードを取り外したり回転などしてキーボード操作も可能であるもの、の二種類がある。

ipadやGALAXY Tabなどのおおよそスマートフォン寄りのものが普及をはじめ需要が多くなっていった。PCを捨てて、iPhoneとiPadだけ所持する人が増加しているそうです。自宅の回線を持たず、iPhone速度制限を気にしないで使えるようになったのが大きな要因でしょう。今回とりあげるのはipadやGALAXY Tab寄りのものではない主に可変型のタブレットPCを取り上げます。

可変型 タブレットPCにはどんな種類がある?

ということで、今現在発売されているもので私が気になる製品を列記します。

Surface 2(OS Windows 8.1RT)
Surface 2 pro(OS Windows 8.1)
dynabook Tab S50(OS Windows 8.1)
ASUS TransBook T100TA(OS Windows 8.1)
Xperia(TM) Z2 Tablet(OS Android 4.4 )
Lenovo Miix 2 11(OS Windows 8.1)
上記がタブレットPCとして持ち運び+キーボードも使用でき扱いがPCに近いものです。

Surfaceはとにかく有名ですので薄さ、軽さをとっても非常に扱いやすいのですが仕事で扱うとなるとエクセルやワードなどを扱いたくなりますがそうなるとWindows 8.1の入ったproを購入しないといけない状況ですね。その他ですとXperiaはOSがAndroid 4.4なので、アプリにて読み込めるものがあってもエクセル・ワードをそのまま扱うには難がありそうです。

そこで、仕事で扱うとなるとOSがウィンドウズのものを選択したくなります。ついでなので価格も一緒に書いてみました

Surface 2 pro 102,651円
dynabook Tab S50 57,500円(キーボード別売)
ASUS TransBook T100TA 59,800円
Lenovo Miix 2 11 オープン価格(約8万円~9万円)

価格を見るとdynabook Tab S50、ASUS TransBook T100TAが購入しやすそうですね。キーボードを含めた値段ですと断然ASUS TransBook T100TAが安価です。ただ、薄さや携帯性をとるならSurface 2 proやLenovo Miix 2 11が良いと思います。近々Surface pro3も発売されますが12インチになり大きくなるのは良いのですがやはり10.1インチくらいが携帯性に優れているのでは?と思ってしまいます。

仕事で私も実はASUS TransBook T100TAを携帯しているのですがちょっと重いと感じてしまうこともしばしば、家庭用ならアリかな?とも思いますがやはり重量と携帯性をとるならSurface 2 proだったかな?とも思います。

価格でいえばASUS TransBook T100TA重量をとるならSurface 2 proを私はオススメしたいですね。dynabook Tab S50とLenovo Miix 2 1はその中間の位置づけかと思えます。

ただ、やはりOSがWindows 8.1なので、仕事でつくったファイルをそのまま携帯し、そのままお客様の前でプレゼンができるのは非常に楽ですね。USBメモリとタブレットPCがあればすぐに外出可能です。

使えるか使えないかでいえば断然使えると思います。なにより軽いし、起動が早いのが良いです。もし財布に余裕があるなら、営業力をサポートしてくれるタブレットPCはアリだと思います。動画もすいすい見れますので、お客様へのプレゼンのひとおしに使ってみるのはいかがでしょうか?